環境に考慮した家を建てたいなら注文住宅がお勧め

伝統工法で家を建てる

模型を持つ人

木造のスペシャリスト

戸建ての住宅を新築するなら、どういった形の住宅にするか様々な選択肢があると思います。その中で伝統的な和風の家にしたいという希望をお持ちなら、宮大工さんに建築を依頼する方法もあります。お寺や神社といった伝統建築の保全や修理といった印象の強い宮大工ですが、最近では一般の戸建てを受注している所も多くあります。宮大工という存在は、いわば大工の中の大工とも呼べるものです。日々新たな工法が生まれ効率的で簡単に住宅が建てられるようになっていますが、伝統的な建築物ではそうはいきません。使える材料も道具も限られた中で、己の技術でこれを補って立派な神社やお寺を建てるのです。まさに木材に関しての専門的な知識が求められるため、木造建築のプロと言えるのです。各地に存在する古い寺社も昔の宮大工が手掛けたものであり、それらが今日でも現役で使い続けられている事からも、その技術の確かさが分かるでしょう。そんな宮大工が建てた住宅というのは、日本らしい住宅の極致と言えるものです。こうした宮大工に建築を依頼する場合、通常一般的な工務店に依頼するよりも費用は掛かります。材料費が高くつきやすい事と、伝統的な工法のために人件費がかかるためです。宮大工に依頼した場合の相場は、そもそも宮大工の数が少ないので厳密な事は言えませんが、目安としては大体坪約100万〜200万円ほどです。ただ先述のように、宮大工の技術によって建てられた住宅というのは、長持ちするというメリットがあります。