環境に考慮した家を建てたいなら注文住宅がお勧め

湘南で豊かな生活を

ハウス

マイホームブームの昨今、地方のみならず都会でもその動きが盛んとなっています。中でも注目されているのは東京都心に近くかつ都会にある物件、神奈川県藤沢市にある土地物件です。藤沢市は相模湾に面した町で「湘南」と呼ばれる地域の中でも最大規模を誇る町です。藤沢市は東京都心から鉄路で50分程度というアクセスの良さ、商業施設などの充実ぶりが人気の支えとなって、藤沢市内の土地物件を購入して永住する人が増えてきています。藤沢市内で優良な土地物件を探すときには、まず前面道路幅が広いかどうかがポイントとなります。前面道路幅がそれなりに広くないと自家用車の利用はもちろんのこと、家を建築する際の工事車両の出入りで困難が生じます。前面道路幅が6mあれば十分に車の通行が可能ですので、この点を確認しておく必要があります。また近くに川や池がないかも大きな要素です。これは地盤に影響する要素で、一般的には近くに川や池があるとその土地の地盤が軟弱となっている傾向があります。地盤が軟弱ですと家を建築する際に地盤強化の工事をしなければならず大きな出費となります。このため土地付近にそういった環境となっていないか確認することは重要となります。さらに隣家との境界があいまいになっている場合にはこれをしっかり決めておくことも重要な事項となります。通常は道路に境界票があるのですが、この境界票が無いケースもよくあります。境界票が無い状態で家を建築すると、完成後に隣家と境界をめぐってトラブルになることもあります。従って、境界票がきちんと表示されているかどうかの確認はとても大切となります。